NEW BRZ 補強パーツ ドラレコ取付

閲覧ありがとうございます。

今回は、前回のブログに書かせて頂きました「NEW BRZ」の複数の用品取付の続編です。

エンジンルーム内の補強パーツです。元々付いているのですが、只のスチールフレームではなく「STI」のパーツになります。ロゴが付いているカバーの下が「ピロボール」のジョイントとなっております。ダンパー仕様とはやや異なりますが、多分目的は同じではないかと考えます。余剰な揚力はピロボール部で上下左右に力を逃がすのかな・・・?

後半の2枚は、純正ドライブレコーダーをお取付するにあたり、グローブボックス枠に録画機本体を加工取付する為、周辺よりバラしたのですが・・・センターパネルの下にグローブボックス枠が絡んでいて・・・ここまで外さなければ取り外せませんでした。センターコンソールまで外して後方へずらさなければいけないなんて・・・聞いてませんよ~⤵。

時間は掛りましたが、無事取付て元に戻りました。やはり、モデルチェンジ車輌は勝手が変わり苦労しますね・・・。マイナーチェンジでは、ここまで変更して来る事は稀ですから。

NEW BRZ STIエアロ取付

閲覧ありがとうございます。

今回は「新型 BRZ STIエアロパッケージ取付」のご依頼を頂きました。

レヴォーグやWRXの様に全周に渡りアンダースポイラーが付くわけではありませんが、要所要所にスポイラーとパネルが装着されてスタイリッシュなシルエットに変貌します。

今回は、やや控えめなフロントアンダースポイラーにリップスポイラーを加工してお取り付け致しましたが、他車と比べると「控えめ」の言葉がピッタリの位置への取付となりました。

取付品が他にも多数ありましたのが、お預かりさせて頂き「夜間の部」にて仕上げさせて頂きました。

コロナ過と半導体不足と言う事で、電子制御が主流となった近年の車輌は、減産や一時操業停止等の状態にて販売台数の伸び悩んでいるカーディーラーさん、売買契約が完了しても納車まで半年や1年以上とオーナー様には長い時間のお預けを余儀なくされている方も多いと聞きます。

待ちに待った新型の納車ですから、間違いのない様にしなければなりません。NEWモデルは取付品も細かな所が変更になっていたり、以前の取付工程が全く通用しないケースも多々有りと思い込みの作業が致命傷となるので、概要書を良く読み確認しつつ作業を進めました。

やはり、この手の作業は手間や時間が掛りますが、見てわかる変化をしていくのでお手伝いさせて頂いていても楽しいです。

9月も折り返し、今年も残す所3ヶ月強となりました。ディーラーさんからのご依頼も年末に向けて慌ただしくなって来る事と予測してます。年末最後にバタバタしない様に皆様も計画的に冬への準備をお願い致します。

ヤリス クロス お持込 アルミホイール交換

閲覧ありがとうございます。

A様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。

今回は「ヤリス クロス 18インチ アルミホイール交換」のご依頼を頂きました。

ヤリス純正アルミホイール(ブラックポリッシュ)から、CH-R純正アルミホイール(ブラック)へ交換致しました。

足元が変わるとお車の印象は大きく変わります。近年、アルミホイールを交換する方が少なくなっている気がします。アルミホイールを変えると「メリット・デメリット」が付いてきますので、このご時世にはハードルが高いのかもしれませんね。

デモカーやイベント用の車輌は別ですが、普段使用のお車に無駄な大口径やヘビーな重量のアルミホイールはおススメしませんが、お車によりますが19インチ位のお洒落な軽量ホイールはおススメ致します。直進安定性やエコ性能、ハンドル操作等の向上に繋がりお車のドレスアップになります。

ナット形状やハブカラー等、適切な部品を使う事で走行中の不快なハンドルぶれは回避出来ます。

お車のドレスアップは、最低地上高以下やフェンダー突出タイヤ・爆音マフラー等、下品な不正改造は止めましょう。自己アピールやイベント等に向けての改造ドレスアップかもしれませんが、周囲に迷惑を掛ける事は止めましょう。単に不快でしかありません。ルールやマナーを守って楽しくドレスアップしている方々にも同様な眼差しを向けられて迷惑を掛けてる事を考えましょう。ナンバー登録をする以上、マナー・ルール・車検制度(改造公認)メーカー適正等を守りお洒落なドレスアップを心掛けましょう。

A様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。またのご利用をお待ちしております。

XV センターマフラー交換 バンパー加工

閲覧ありがとうございます。

今回は「XV センターマフラー取付」のご依頼を頂きました。

センターからマフラーが出る為、リアバンパー開口加工を施しました。加工概要と型紙を駆使して加工処理しました。バンパーの切断開口・・・やはり緊張します。ガーニッシュが付くとはいえ、切り口が斜めとか凹凸な切り口等は作業する側としても気持ちが良くないです。

加工にやや時間は掛かってしまいましたが、綺麗にセンター開口できマフラーも絶妙なセンター位置に取付出来ました。

ディーラーさんからご依頼頂ける事は本当に幸いです。納車直前ということもあり、内装バラシや今回のような開口加工等には、通常以上に疲弊しますがお仕事を頂く以上責務を持って今後も行って行きたいと思います。勿論、新車作業だけでなくご利用下さるお客様のお車は同様な責務を持って「安心・確実」な作業を心掛けていきたいと思います。

コペン お持込 16インチ タイヤ交換

閲覧ありがとうございます。

S様、この度も当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。

今回は「コペン 165/50R16 ブリヂストン ポテンザ RE004 アドレナリン」へのタイヤ交換依頼を頂きました。

色々な場所へ愛車のコペンでお出かけされるそうで、ご利用下さる時には美味しいお店や景色の綺麗な場所等、おススメ場所を沢山教えて下さいます。

緊急事態宣言の中ですが、全国各地でコロナ感染者が増えております。この長きに渡るコロナ化で、ルールを守り時短営業をしていた飲食店や感染対策を行っていた宿泊施設が閉店を余儀なくされています。

この件に関しては、色々なご意見があるかと思います。ですが、私個人の考えでは「いいな~」と思うお店・宿には存続して欲しいと考えます。一度、閉めてしまうと再起を図る事も容易ではありません。微力ではありますが、感染対策をしっかりとして応援して行きたいです。

いつも、当店をご利用下さりまだ知らないおススメのお店をご紹介下さりS様ありがとうございます。

今後とも、宜しくお願い致します。ありがとうございました。

プリウス お持込 MCB取付

閲覧ありがとうございます。

A様、この度も当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。

今回は「プリウス TRD MCB(モーション・コントロール・ビーム)」のお取付依頼を頂きました。

フロントバンパーを外して、整流パーツを加工してラヂエーター前に左右のメインとなるフレームを繋ぎました。ダンパー機構を有する補強パーツですから、ただ突っ張るだけではなく、過剰な負荷はダンパーで力を逃がす・・・。良くできた品物ですね。補強パーツで強固に固めると、剛性感は上がりますが、サーキットの様な綺麗な舗装道路でもない限り、至る所へ振動・衝撃によって弱い所へ負荷が逃げて意外な所が歪んでしまい異音が出たりと、デメリットが発生してしまいます。

補強パーツも良いですが、私個人的には「スタビライザー」の強化・補強をお勧め致します。私のアルファードもスタビライザーを交換・取付しておりますが、とても快適です。足交換を変えるわけではありませんから、乗り心地も変わらずにカーブや交差点でのふらつきを抑制してくれますよ。ミニバンにはオススメです。

A様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。またのご利用をお待ちしております。

NSX お持込 16インチ タイヤ交換

閲覧ありがとうございます。

K様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。

今回は「NSX 215/45R16 ミシュラン パイロットスポーツ3」へのタイヤ交換依頼を頂きました。

ついに当店に、国産車最高級スポーツカーのご来店です。「ホンダ NSX」ミッドシップスポーツ・・・スタイリッシュなフォルムに惚れ惚れしますね。私自身、学生時代70スープラに一目ぼれして現在も所有しておりますが、このシルエットデザインの車が好きみたいです。リトラクタブルライトからのノーズデザイン・・・スポーツタイプの車は魅力を感じます。(個人的な感想です)

現在、日本車(スポーツタイプ・バンタイプ・SUV)は海外での人気が非常に高い為、人として外道にあたる不届き者によって「盗難」の被害が多発しております。許せませんね!人の所有物を盗むって!警察の皆さんこんな輩は根こそぎ逮捕して下さい。宜しくお願い致します。

嫌がらせでしかない13年ルールによる課税にも負けず、長きに渡り大事にされて時間を共に過ごしてきた愛車、これからも永く大事にして乗り続けて頂きたく思います。

K様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。またのご利用をお待ちしております。

不適切作業跡・・・

閲覧ありがとうございます。

今回は、ホイール内側にバールの深いアタック痕が無数に付いていたお客様がいらっしゃいました。

現状を、ユーザー様にお伝えし見て頂きました。タイヤの「ビード」部が密着してエアー漏れを抑える重要なポイントにこれだけ深い傷が付くとエアーが漏れる原因になります。

稀に、今回のように深いアタック痕のあるホイールのお客様がいらっしゃいます。当店では状況によって「タイヤシーラー」を塗布し新しいタイヤを組み込みます。万が一の予期できない外的要因のパンクなら100歩譲って納得出来ますが、どこかのお店で付いた傷によってエアーが漏れてのパンクでは泣くに泣けないですよね・・・。

傷が付いたかどうかは、作業中を確認して頂かなければ分からなくなってしまいます。付いてしまった傷は消えません・・・可能な限りトラブルや不具合が起きない様対策を行って取付致しますが、シーラーを塗布すれば100%大丈夫とは言えません。傷が消える訳ではありませんので、正常時よりも気にして頂く必要があります。

傷を付けない作業が1番良く、当たり前かとは思いますが、設備の関係でバールを使用しなければ組めない作業の場合だとしても、傷が付かない工夫をしなければなりませんよね。

とても、残念な感じがしました・・・。

経年劣化(オゾンクラック)判別目安

閲覧ありがとうございます。

今回は「オゾンクラック」の限界値のご紹介をしたいと思います。

タイヤは使用開始から3年程度を超えて来ると、タイヤ側面に「ヒビ」が入ってきます。(使用環境によって発生状況は異なります)

稀に、ごく初期症状のクラックに対し「ヒビが入っていて危ないから早く交換した方が良い」とタイヤを販売しているお店から交換を催促されることがあるようです。(お客様の情報)

写真の1枚目にある「ヒビ」の程度となりますと、他の写真の様に実際にはかなり深いクラックとなっております。装着中ではクラックの深さは見る事は出来ませんが、危険性の高いクラックは細かいヒビが横に1本筋として繋がってしまっている場合になっている事が多いです。

なので、短く細かいヒビが発生している状態では、まだタイヤ交換に対し緊急性は無いと考えます。早め早めの交換する事に越した事はありませんが、危険性を必要以上に煽ってタイヤ交換を催促するお店に対しては必要無いと思います。

タイヤも信頼出来るメーカーさんの品は高額で大きな出費となりますので、交換まで間にタイヤの種類・価格等を検討して予算を組んで購入して頂きたく思います。

判断に困っている方は、信頼出来るスタッフさんに診断してもらいましょう。

私もタイヤ業界に20年を越えて従事してますので、少なからず色々な状態のタイヤを拝見しておりますし、年間2000本を超えるタイヤ交換作業もさせて頂いておりますので、少しは見る目を養っていると自負しております。

当方でも宜しければ拝見させて頂きますのでお気軽にお問合せ下さい。

プリウス お持込 15インチ タイヤ交換

閲覧ありがとうございます。

N様、この度も当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。

今回は「プリウス 195/65R15 ブリヂストン REGNO GR-XⅡ」へのタイヤ交換依頼を頂きました。

ハイブリッド車や電気自動車では、無音で走行するのでタイヤからの音は気になりますよね~静粛性に定評のある「REGNO」はプリウスオーナー様に人気の高い商品です。

REGNOは車内への音もそうでですが、外への音(近接騒音)も静かです。

4駆で装着するゴッツイタイヤの様に「ゴ~~」という騒音を出しながら走り抜けていくお車がありますが、REGNOの様なプレミアムブランドタイヤは走行音も静かになるように設計されています。

サマータイヤの性能は既に飽和状態の様な気がしますが、対候性・耐摩耗性を向上して頂き永く安心して使用出来るタイヤを開発して頂きたいですね。エアーチェックやローテーション等のメンテナンスをしっかり行えばその分永く使用出来るタイヤをお願いしたいですね。

N様、この度も当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。またのご利用をお待ちしております。