新年のご挨拶 東京オートサロン2022

閲覧ありがとうございます。

2022年、あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

年末年始にかけてあれやこれやとパニックになってしまいこんなに遅いご挨拶になりました事、大変申し訳ございませんでした。

さて、今回は現在開催中の「東京オートサロン2022」をご紹介致します。先日の14日(金)プレスデーにてご招待下さいました「Jet City」様にご挨拶をさせて頂きまして「Jet City」様のブースを恐れ多くも拠点に沢山のメーカー様とご挨拶させて頂きました。

「Jet」様のブースには昨年の「アメリカ SEMA」ショーに唯一日本から参加した「マスタング」が圧倒的な存在感のオーラを放っております。

「Liberty Walk」様のブースでは、ボディ・ドア・アルミに至るまでカーボン使用の「ランボルギーニ」が・・・あの超有名な某レコード会社のあの方が熱い視線を送っていらっしゃいました。

他にも沢山の代表の方々と、少しではありますがご挨拶をさせて頂きました。私などがお話させて頂くなんて恐れ多い方々に、頭の中真っ白でした・・・。どちらのブースでもスタッフの皆様から大変良くして頂いて沢山の写真を撮らせて頂きました。全てをご紹介するには多すぎる程です。

昨年は「コロナ感染拡大」の影響で緊急事態宣言が発令され開催は見送られました・・・。ここ数日は再度感染が急上昇しておりますが、感染対策を万全にして開催に踏み切っております。

1年のブランクを経て今年2022オートサロンにはスーパーカーから旧車まで幅広くドレスアップされて展示されております。私も十数年ぶりのオートサロンでしたが「マクラーレン・ポルシェ・ランボルギーニ・フェラーリ」等々こんなにスーパーカーが並んでいた記憶がありません。スポーツカーも「86・BRZ・GTR」とやや片寄を感じつつ「テスラ」が数台展示されておりました、これからの主流と変わるのかな?と感じました。

ド派手なカスタムカーが毎年大多数を占めるオートサロンですが、ひっそりと絶版車と言われる車輌が展示されているのに胸が躍りました。完全に個人の感想ですが、「AE86・セリカXX」が昔で言うライトチューン「チョイ車高下げ・社外マフラー・社外アルミ」程度で外装はほぼオリジナルを維持しているおとなしい感じがとても懐かしく感じました。普段使いにも支障が無く扱い易い状態を維持しつつチョットお洒落な感じを醸し出すスタイルが、基本私も大好きでこの位のドレスアップが丁度良いと個人的に思ってしまいます。

ワイルドスピード仕様の車輌もやはりありました。日本車ブームの火付け役「映画ワイルドスピード」この映画で使用されている国産車は海外で大ブレイクして日本車に注目が集まっております。肝心な日本国内ではそれ程加熱した感じは・・・?個人差があるかもしれませんが私は大好きです。

ですが、海外で高値で取引されている日本のスポーツカー、悪質な車輌泥棒が横行してしまっているのも事実です。人気の車輌にお乗りのユーザー様は、盗難に遭わない様ご自宅・お出掛け先では必ず用心して下さい。

最後に「ホンダ」さんのブースでつい忘れがちな事を思い出させて頂きました。本当に「ありがとうございます!」の言葉につきますよね。コロナ感染が始まり沢山の方が感染して、医療従事者の皆様が献身的な処置を行って下るっているという事を忘れてはいけない気がします。未だ特効薬が無い以上感染すると医療従事者の方々にお世話になる事になります。

感染予防をしっかりとして、このご時世にあったルールを私自身も再認識をして守りましょう。

オートサロン2022も明日が最終日です。明日お出掛けの方は、ルールを守りオートサロンで「クラスター発生!」なんて事が無いようにお互いに気を付けて自動車業界を盛り上げましょう!

という事で「2022年 今年も N-style」をどうぞ宜しくお願い致します。

レクサス IS-F お持込 19インチ タイヤ交換

閲覧ありがとうございます。

12月に入りご予約枠が早々に埋まってしまい、年末に向けてスタッドレスタイヤへの交換がピークを迎えブログの更新が滞ってしまいました・・・。

I様、この度も当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。

今回は「レクサス IS-F 255/35R19 285/30R19 ミシュランタイヤ パイロットスポーツ4S」へのタイヤ交換のご依頼を頂きました。

実は、緊急作業となりましたこちらの作業、2日前に同サイズのポテンザRE71RSに交換する予定でしたが、リアサイズ285/30R19がビードアップ出来ず費やした時間7時間と過去に例の無い展開に自分の持てる知識・経験を費やし特殊工具を駆使しましたが、不発・・・この日タイヤ銘柄を変えての交換作業をご予約枠以外の夜に急遽行わせて頂きました。

ホイールは「BBS RI-D」とRE71RSとの相性は悪い様です。(全ての組合せではありません)元々装着されていた「S007A」もエアーが入り難いと記憶しておりますが、RE71RSは極端に悪い・・・。タイヤ業界20年を越えましたが、こんなに苦労した事はありません・・・しかも結果装着出来なかったという始末です・・・。元ブリヂストンタイヤ専門店出身なのに情けない・・・。

I様には大変ご迷惑をお掛け致しました。また、このトラブル発生の同日にご予約頂いていた2名のお客様にも大変ご迷惑をお掛け致しました。内1名のお客様に付きましては、江東区から足を運んで頂いたのにも関わらず、後日再来店の申し出を受けて頂きまして誠に申し訳御座いませんでした。

1人1PIT作業、最大の弱点が露呈した結果となりました。以後、この様な状態が無い様設備の強化・自身の技術アップ・対応力強化を来年の目標として行きたいと思います。

I様、今年も年間複数回のご利用誠にありがとうございました。また、大変ご迷惑をお掛け致しまして申し訳ございませんでした。これに懲りず来年も変わらずご愛好の程頂けましたら幸いです。

フリードプラス お持込 17インチ タイヤ交換

閲覧ありがとうございます。

T様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。

今回は「フリードプラス 205/45R17 ミシュラン クロスクライメート2」へのタイヤ交換になります。

中古で購入されたというこちらのお車、「無限エアロ」や「BBS」装備と完成されているお車です。ご来店された際にフェイスの感じが「???フリード?」と思わせる雰囲気!そしてまさかの家のアルファードと同じBBSアルミホイール!でした。

チョット他のフリードと雰囲気の違うお洒落な1台です。T様の様にお洒落なオーナー様が増えると車業界にも活気が出ると思います。そのお手伝いをさせて頂ければより幸いです。

今期も、オールシーズンタイヤへ交換のお客様が増えて参りました。万が一の降雪には有効ですが、降雨雪後の夜間・橋脚上・常時日陰等の場所では細心の注意をお願い致します。スタッドレスタイヤでもスリップする状況ですから、オールシーズンタイヤでは収集が付かない程スリップしてしまう可能性が高いです。

タイヤメーカーさんも、凍結路面は「×」又は「▲」の注意を促しております。

T様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。またのご利用をお待ちしております。

テスラ3 お持込 18インチ スタッドレスセット取付

閲覧ありがとうございます。

E様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。

今回は「テスラ3 235/45R18 ナンカンスタッドレス」に「クラブリニア」とセットしてお取付になります。

テスラです。モデルSのお客様はいらっしゃいますが、モデル3のお客様は初めてです。ドアグリップの違いやジャッキポイントへ専用のパットを入れたりと同じ「テスラ」でも違いが有るようです。

テスラ対応のアルミホイールも設定があるメーカーさんが少なくてご苦労されたご様子、こちらでも多方面に設定を確認しましたが・・・。PCDが5/114.3で有りながら14mmボルト対応というホイール少ないですね・・・14mmボルトを使用する国産車や輸入車はあるのですが、PCD5/120が多く装着出来るホイール選定に一苦労となりますね。

今期は、国産・輸入車問わずアルミホイールが不足している状態で需要が高まって来ている事により値上げも行われております。年末年始に降雪エリアにお出かけの方はお早めに手配をされた方が良さそうです。既に12月に突入しております。履き替えには、ゆとりを持ったご予定をお立て下さい。

E様、この度は当店をご予約頂きまして誠にありがとうございました。またのご利用をお待ちしております。

ランサーエヴォリューションワゴン 17インチタイヤ交換

閲覧ありがとうございます。

N様、この度はTIREHOODご利用にあたり、当店を作業店としてご選定頂きまして誠にありがとうございました。

今回は「ランサーエボリューションワゴン 235/45R17 ピレリー ドラゴン」へのタイヤ交換になります。

またもや大変希少なお車の作業をさせて頂きました。オリジナルの状態で、ブレーキキャリパー等は時間の経過を感じてしまいますが、こちらの車輌自体が現役で大事にされながら稼働している事が嬉しく思う所ですよね。

色褪せやブッシュ類の経たりは時間が経てば仕方がありません・・・ですが部品を交換したり、色を塗り直す事は出来ます。車体・フレーム等ベースが無ければ存在が出来ません。元々の生産台数が少なく当時人気があった車輌が弄り倒されずオリジナルの状態という事にテンションが上がりました。

末永く大事に乗り続けて頂きたく思います。

N様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。またのご利用をお待ちしております。

RAM/SRT10 VOSSEN24インチ装着

閲覧ありがとうございます。

今回は「RAM/SRT10 VIPPR305/45R24 ナンカン VOSSEN HF-3 24x10」を取付致しましたご報告になります。

こちらの「RAM/SRT10」は、現在「N-style」のデモカーとして運用・可動して頂いてます。日本国内で登録台数1台の大変希少なお車です。また、今回取付をした「VOSSEN HFー3 24インチ」も日本国内出荷初と言う品物です。(現在当店では、24インチのタイヤ交換は設備の関係上行えません)

まだまだ、知名度の低い「VOSSEN」ですが、私が1番に可能性を感じた「デザイン・カラーバリエーション・装着車種の多様性」という国内有数のホイールブランドさんでは例がない部分を網羅している「VOSSEN」に惹かれました。

18インチ(5穴以上)以上という大口径ホイールのみと言う制限こそ有りますがオーナー様の個性をフルに引き出せるブランドだと思います。

大口径化すると足元が無駄に重くなり普段使いのお車としては足回りへの負担とデメリットしかありませんが「VOSSEN」は、「鍛造ホイール」と「ハイブリット鍛造(軽量スピニング構造)」の2パターンになりますので大口径化した場合でもオーナー様の個性を活かしたお洒落な1台の状態でお出掛け出来ます。

突然ですが、ここに宣言します「70スープラが復活した暁には19インチVOSSENを装着します」デザイン・カラーは秘密です・・・。デモカーとしてもプライベート仕様としても恥ずかしくないお洒落な1台としたいと考えてます。

今は「アウディS5・RAM/SRT10」ですが、2台に続け「70スープラ」の3本柱、欧州車・アメ車・日本車でカーイベントに参加してみたいですね~。

最終型 極上シビック タイプR発見!!

閲覧ありがとうございます。

今回は、VOSEENの正規販売代理店としてのれん分けして頂きました「京都ロデオドライブ」さんに入庫した、これまた極上の「シビックタイプR」です。

良く見ると前後エンブレムには「スワロフスキー」が敷き詰められております。こちらも、前回お知らせした「S660」同様に販売中です。

2019年式・走行距離7925㎞シビックタイプR気になる方はお気軽にお問合せ下さい。

紅葉ピーク

閲覧ありがとうございます。

もうすぐ2021年11月も終わり慌ただしい年末に向かいます。

朝晩の冷え込みが本格的になり、柏公園入口のイチョウ並木が綺麗に色付きました。

長い信号待ちの間にサンルーフからパシャリ。雲一つない青空に黄色の葉が映えます。皆さんは空を見上げてますか?

私は辛い事やしんどい時程空を見上げる様にしています。上を見る事で気持ちをリセットします。

人生色々、良い事もあれば悪い事もある・・・スマホを見る様に下ばかり見ているよりは、上を見上げて周りを見回して見る方が、上手くは言えませんが何となく気が紛れて気持ちが良い方向に向かう気がします。

皆さんも、偶に空を見上げる事をしてみてはいかがでしょう。地方等の絶景も良いですが真上の空もいい物だと私は思いますよ。

レクサスRX300F TIREHOOD 20インチ タイヤ交換

閲覧ありがとうございます。

T様、この度は当店をご選定頂きまして誠にありがとうございます。

今回は、TIREHOODにてご購入され交換作業店としてご依頼頂きました。「レクサスRX300F 235/55R20 ヨコハマタイヤ ブルーアースXT AE61」へのタイヤ交換になります。

純正大口径の車輌増えましたね~特にSUVや4WDには確率高いです。ヘビーな重量級のお車の足元には安心と信頼をおけるタイヤの装着をおススメ致します。軽自動車やコンパクトカーと大型SUVとでは重量が大きく違います。タイヤもお安い買い物では無くなりましたが「付いていればどれも同じ」は通用しない事がありますので、しっかりとお車のご用途に合わせてご選定頂きご購入下さい。

時速80㎞で、軽自動車と大型SUVやトラック等では「停止」するまでの制動距離は大きく違いますよね。車輌をコントロールするのは「ブレーキ・タイヤ」です。

どんなに安全支援システムが有能でも足元が疎かになると本来の性能が出ません。安価なタイヤが悪いとは言いませんが、「選ばれる・選ばれない」装着シェアには訳があります。

T様、この度は当店をご選定頂きまして誠にありがとうございました。

またの、ご利用をお待ちしております。

アウディS5の帰還

閲覧ありがとうございます。

今回は、当店のデモカーとして稼働してくれている「アウディS5 コンバーチブル」に手を加えて頂く為「京都ロデオドライブ」さんの所へ出張中だったのですが、作業が完了したのでご報告です。

フロントサイドガーニッシュやフロントグリル・ブレーキキャリパー等々に塗装を行って頂きました。VOSEENのホイールの間からグリーンのキャリパーが覗きます。今後のカーイベントに出撃してくれると思います。

でも、自分の愛車「70スープラ」を本来であればデモカーとして作って行きたいのが本音です。アウディやバイパーが嫌いではありませんむしろ憧れる高級車です。

ですが、思い入れの強いスープラをコテコテにいじくり倒すのではなく本来のスタイリッシュな姿で復活させたいとオープン当初から思っておりますが、既に5年・・・中々上手く事が進みませんが必ず「N-style」の看板を背負ったデモカーとして稼働させるのが直近の夢でしょうか・・・。

夢が夢で終わらず実現出来るように、今後ともご依頼頂く作業には手を抜かず精進して参りますので、今後とも当店を宜しくお願い致します。