作業日誌

Nstyle店長中村のブログです。

ブログ一覧

エルグランド 18インチ タイヤ交換

閲覧ありがとうございます。

M様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。

今回は、M様の愛車「エルグランド 225/55R18 HIFLY HP801」です。

こちらのタイヤ交換は、非常にお買い得に交換出来たと喜んで頂けましたが、メーカーや原産国等がやはり気になるそうです。確かに、アジアンタイヤと言われているメーカーさんの商品は、以前にもブログに書かせて頂きましたが、精度にムラがあるように感じます。走行に支障が出る事はないと思われますが、ホイールバランスにてアンバランスを修正するウェイトの量が著しく多いタイヤが時々あります。勿論、国産メーカーさんでもアンバランス量が多いタイヤもあるのですが、ごく稀です。タイヤ形成時の検査や許容量が国内メーカーさんと比べると緩いのかな?と思ってしまいます。

ですが、M様にお取り付けした今回のタイヤは国産品と同等程度のアンバランス量でした。

ヴェルファイア アライメント調整作業

閲覧ありがとうございます。

今回は「ヴェルファイア・アライメント調整偏」です。

こちらのヴェルファイア、リアタイヤに異常を来しておりました。ワイヤーが露出してしまっていて、しかも一本は下地がエアー内圧に耐え切れずに破けてパンク状態でした。

車高を下げられてから、アライメント調整はされていらっしゃらなかったご様子で、2.8万㌔で破けてしまったそうです。

次の新しいタイヤも同じ事にはならないように、今回は「アライメント調整」もさせて頂きました。調整前と調整後のデータはお渡しさせて頂いております、やはり車高を下げている分「キャンバー・トウ」が大きくズレてしまっておりました。

現行のヴェルファイアから、今までのアルファード系とリアの足回りが変更になった事により、トウ調整が前後で出来るようになりました。ですが、キャンバー調整機構が付いてないので、キャンバー角度が大きくついてしまっていても直せないので、キャンバー角が付いているのを考慮してトウを調整する事でタイヤの異常摩耗を抑制します。多少の内減りは避けられませんが今までよりも長く使用できる様に、足回り交換を交換したら「アライメント調整」しましょう。

お持込 20インチ タイヤ交換

閲覧ありがとうございます。

今回は、千葉スバルさんの社員様より「245/40R20 ヨコハマ アドバン・デシベル」への交換です。

お車は「トヨタ・現行ヴェルファイア」という事です。20インチのクレンツェ高級ホイールにヨコハマタイヤのプレミアムブランドの組み合わせという何と贅沢な組合せでしょうか・・・。羨ましい限りですね。

しかしながら、今まで履かれていたタイヤが大変な事になっておりまして、後日アライメント調整のご依頼も頂きました。この件は、また次回にご報告致します。

 

 

こんなサイズも交換出来ます!

閲覧ありがとうございます。

今回は「285/35R20 ミシュラン パイロットスポーツ カップ2」のタイヤ交換をさせて頂きました。

タイヤ+ホイールをお預かりさせて頂きまして、タイヤ交換を行いました。

当店では、このようなタイヤサイズでもタイヤ交換出来ますよ。タイヤのプロとして当たり前ですけどね・・・。

 

 

 

FIT お持込15インチタイヤ交換 

閲覧ありがとうございます。

I様、この度は当店をご選定頂きまして誠にありがとうございました。

今回は、I様の愛車FIT「ピレリー チンチュラートP1 185/60R15」のタイヤ交換になります。

夏用タイヤへの履き替えと同タイミングで、サマータイヤの新調されたご様子です。無駄のない絶妙なタイミングでのタイヤ交換だと私も思います。スタッドレスタイヤからサマータイヤへ脱着してからのタイヤ交換ですと、脱着代が無駄な出費になってしまいますからね。(スタッドレスタイヤへの脱着時はチョット変わりますよ~)

こちらのピレリータイヤいいタイヤなんですよ、余り装着されている方は少ないと思いますが、実は高速道路や幹線道路などを沢山走る方にはとても快適に走行出来る性能を持っているんです。販売先の営業マンに伺った所「高速道路を良く走る人には、カーブとかがしっかり踏ん張る感があって気持ちよく走れるよ」と仰っておりました。

現在、国内タイヤメーカーはエコ性能を重視しの傾向ですよね、タイヤ単体の重量も軽くなりサイド部が薄くなった分、乗り心地が柔らかくなりすぎてしまっている様な気がしまから・・・。(スポーツタイヤ・SUV用・プレミアムブランドは除く・一個人の感想です)