外面パンク修理の危険性

閲覧ありがとうございます。

今回は「パンク修理」の危険性に付いて書きたいと思います。

以前、前職場にパンクで来店されたお客様から伺ったのですが、「パンクしちゃって、JAF(ロードサービス)さんを呼んで動けるようにして貰ったんだけど、「「これは、応急処置ですのでちゃんと内側から修理して貰って下さいね」」って言われたから来たんだけど・・・」と聞いたことがあります。

その「応急処置です」の意味を改めて再確認した事例が在りましたのでご紹介致します。

こちらの事例は「他の店で外面修理をした同じ場所から空気が漏れているから見てほしい」とのご依頼でした。

1枚目の写真に外面修理の紐が刺さっておりますが、パッと見た感じではタイヤ内部に損傷が発生しているようには見えませんが、剥がしてみてビックリ!タイヤの内部は再使用できない程のダメージが出ていました・・・この状態では再起不能です。チューブの代わりなっているインナーライナーの層が剥がれ落ちていました。もし、このままの状態で走行を続けていたらと思うと怖いですね。外面修理が危険ですと言う事ではありません。費用は多少割り増しになってしまいますが、今回のようなケースもあり得ますのでパンク修理には内面修理をおススメ致します。内部確認が出来て紐では無く笠付きの修理部材を使用する為、より安全にタイヤをご使用いただけます。タイヤも安いお買い物ではないので、長く安心して使用する為には、エアーチェック等の点検もお忘れなく、パンクも早く発見できれば治る確率も高くなります。当店でも内面修理を行っております、既に何件か内面修理をさせて頂いております。(写真を撮り忘れておりますが・・・)次回、内面修理の作業がありましたら、またご紹介させて頂きます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA