吸音スポンジ入りタイヤの注意事例

閲覧ありがとうございます。

今回は「吸音スポンジ装備タイヤ」の諸注意事項のお話になります。

写真は、以前タイヤ交換させて頂きました「テスラ モデルS」の純正タイヤを剥した物です。

摩耗も進んでいたのですが「走行中ハンドルに振動(ブレ)が出る」というお話でした。タイヤのローテーションをしたら症状がなくなったそうです。

そのお話を伺った後の作業でタイヤを剥したら「ビックリ!!」内部の吸音スポンジが剝れぐちゃぐちゃになっておりました。

そのタイヤを良く見てみると「外面パンク修理」の跡が・・・パンクをして低内圧になった事で「吸音スポンジ」が剝れタイヤの均等が崩れてハンドルにブレ生じたのでしょう。

内面を確認する事が出来ていれば、状況が確認出来て修理後の不快なハンドルブレは起こらなかったと推測できますね。

パンク修理は、内面から処置するものを「パンク修理」と言い、外部より処置する事はあくまでも「応急処置」です。パンクをしてしまったタイヤでも、発見が早く適正に処置出来れば他のタイヤと同様に最後まで安心してご使用する事が出来ます。

安易に外面処置を行い、使用し続けると忘れた頃に大きなトラブル・事故を招く恐れがある事をお忘れなくお願い致します。

タイヤは適正に管理・メンテナンスを行う事で長く使用出来ます。自動車は道が続く限り自分の望む所へ連れて行ってくれるプライベート空間です。楽しい思い出を作るのに一役買ってくれる乗り物ですから、トラブルの無いようにしたいものですね。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

フォレスター お持込 ドライブレコーダー前後カメラ 18インチ アルミホイール交換

閲覧ありがとうございます。

N様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。

今回は「フォレスター シュニッツァーアルミ交換 ドライブレコーダー前後カメラ取付」のご依頼を頂きました。

ドライブレコーダー前後カメラの取付も一時よりは件数減りましたが、未だ多くのご依頼を頂きております。

やはり「コムテック・ユピテル」さんが多いですね、私もおススメするなら・・・の有力なメーカーさんです。

最近では、輸入物のミラー型も増えて来ております。見た目はとても良いように思いますが、個人的には・・・。

先日3件程お取付致しましたが、お取付させて頂いたお客様の感じからすると、今一歩物足りない感じのご様子でした。

フロントカメラ位置の逃げ量・リアカメラの鏡面・反転不可、リアカメラ映像不良と・・・いざという時の為の保険ですから、信頼出来る商品をお選びください。

また、通常のバックミラーで見える視野が極端に狭くなります事も、よくご検討頂いた方が宜しいかもしれません。(一個人的な感想です)

純正アルミホイールから、軽量ブラックホイールへの交換でしたが、全くと言っていいほど印象が変わります。それに、足元(バネ下荷重)を軽くする事で、軽快なフットワークと乗り心地を提供してくれる事と思います。

近年では、アルミホイールを変えたりするお客様が減り寂しく感じておりましたが、久しぶりにワクワクさせて頂きました。

N様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。またのご利用をお待ちしております。

タイヤ破裂事例

閲覧ありがとうございます。

今回は「タイヤ破裂」事例のご報告致します。

先日、お師匠さんのお店に伺った際に伺いました。

写真のタイヤは「新品」のコンチネンタルタイヤ17年製の平行輸入品?と思われる品で、ホイールはBMW純正アルミホイールです。

タイヤを組み込んで、ビードアップ時にビード部が上がらず600キロパスカルを越えた辺りの内圧時に破裂したそうです。しかも破裂部を良く見るとビード部の骨組みにあたるワイヤーが切れて飛び出しています。

主要部分が割けるとこうなります・・・作業を行ったスタッフさんもしばらくの間、耳が聞こえない状態だったそうです。

タイヤ交換には危険が伴います。今回、セリアルが多少古いとは言え新品でも今回の様な事件が発生します。中古タイヤなら尚更危険度は高まります。1本1本レントゲンを撮ってワイヤー部等確認しているわけではない中古タイヤ、余程出所がしっかり分かっている品物以外のご購入はおススメしません。当店もお持ち頂いた際、状態の悪い物の作業はお断りさせて頂きます。

私としても怪我をしたくありませんから・・・。時には中古タイヤを購入するのと、新品のアジアンタイヤを購入するのと、どちらが良いのでしょうか?

タイヤ選びは、コストパフォーマンスも大事ですが大事な人を乗せて高速で移動する乗り物をコントロールする重要な部品ですので慎重に選びましょう。

メルセデス Cクラス お持込 17インチ タイヤ交換

閲覧ありがとうございます。

K様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。

今回は「メルセデス Cクラス 225/45R17 245/40R17 ピレリー チンチュラートP7」へのタイヤ交換依頼を頂きました。

久しぶりのピレリータイヤです、国産車には余り装着されている方は少ないかと思いますが、欧州では「ミシュラン・コンチネンタル」に並ぶ有名メーカーさんです。フォーミュラー1にもタイヤ供給しているメーカーさんです。

欧州車には、新車装着としてかなりの車輌に供給しているので、認証タイヤを選ばれている方には安心と信頼のタイヤメーカーさんですね。

K様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。またのご利用をお待ちしております。

テスラ モデルS お持込 19インチ タイヤ交換

閲覧ありがとうございます。

F様、この度も当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。

今回は「テスラ モデルS 245/45R19 ミシュラン パイロットスポーツ4」へのタイヤ交換になります。

電気自動車のテスラですが、取り扱いにドキドキします。2台目のテスラですが、スタートスイッチの無い無音スタートにセンターパネルの特大サイズのタッチパネルモニターやはり凄いお車ですね・・・。

原動機を持たない100%電気自動車では先進的なテスラモーターズさんですが、ディーラーさんは何処にあるのでしょう?

当店前の国道6号線には「トヨタ・日産・スバル・ホンダ・マツダ・レクサス・プジョー・アウディ・フォルクスワーゲン・ルノー・スズキと、当店から上下線1㎞圏内にひしめき合っておりまして、激戦区という所でしょうか。後はメルセデスとBMWが建てば主要ディーラーさんが揃いますね。

お車の購入をご検討されている方には便利なエリアと言えるでしょう。

ディーラーさんに活気が出て来ると、自動車業界に活力が出て来そうでとても良い感じがします。自動車離れに四苦八苦していた中、追い打ちをかけるようにコロナ渦で・・・もう、静まり返ったディーラーさんは見たくないですね。

F様、この度も当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。またのご利用をお待ちしております。

当店 2020年上半期 入庫車輌・タイヤブランド統計

閲覧ありがとうございます。

今回は、当店をご利用下さったお客様の「車輌統計・タイヤブランド」の統計を発表したいと思います。

「2020年 入庫車輌 ランキング」を左側に「2020年 タイヤブランド ランキング」は右側で発表します。

第1位 トヨタ 76台  第1位 ミシュランタイヤ 26台

第2位 スバル 30台  第2位 ブリヂストンタイヤ 21台

第3位 ホンダ 27台  第3位 ヨコハマタイヤ 17台

第4位 日産 24台  同率3位 ダンロップタイヤ 17台

第5位 BMW 20台  同率3位 トーヨータイヤ 17台

同率第5位 マツダ 20台  第6位 ピレリータイヤ 11台

第7位 スズキ 16台  第7位 コンチネンタルタイヤ 9台

第8位 ダイハツ 12台  第8位 ATRタイヤ 6台

第9位 フォルクスワーゲン 11台  第9位 グットイヤータイヤ 5台

第10位 アウディ 10台  第10位 MOMOタイヤ 4台

以上がベスト10になります。「ミシュランタイヤパイロットスポーツ10台 プライマシィ8台 クロスクライメート6台」と好評です。「ヨコハマタイヤブルーアース」については「ミニバン専用RV02」が12台とミニバンNO1装着率です。「ブリヂストンポテンザ」は8台、内6台がBMW認証ランフラットタイヤでした。

入庫車輌ではやはりトヨタがダントツの台数入庫でした。輸入車に付きましてもBMWに続きフォルクスワーゲン・アウディ・メルセデス9台と沢山のお客様にご利用頂きました。しかも、今年は「テスラ・マクラーレン」と先進の電気自動車やスーパーカーの入庫もありました。

早いもので「2020年」も後半戦のスタートです。コロナ渦で非常に厳しい上半期を終えました。ここが、底だと信じて後半戦もご利用下さるお客様のお車の作業を自分の出来るスキルをもってしっかりと行いたいと思います。

2020年後半戦も宜しくお願い致します。

レクサス IS300h お持込 17インチ タイヤ交換

閲覧ありがとうございます。

H様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。

今回は「レクサス IS300h 225/45R17 ミシュランタイヤ パイロットスポーツ4」へのタイヤ交換になります。

もうすぐ今年も折り返しになります。上半期の当店のご利用下さった車種・タイヤブランドの統計結果を近日好評してみたいと思いますので、お楽しみに・・・。

さて、近年の「レクサス」のシルエットは攻撃的なマスク周りとキリっとしたテールデザインが特徴的ですね。

各自動車メーカー内では、同じ様な顔付の車輌が並んでおりますが、数年前までは車種ごとに個性的なデザインで人気を得ていましたが、近年は各自動車メーカーという括りで車種を販売すると言うより自動車メーカーを販売すると言った感じでしょうか?マツダの車輌が良い例かも、デミオ・アテンザ・CX-3・5・8と言う感じなんですが、分かり難い例えでスミマセン・・・。

H様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。またのご利用をお待ちしております。

ノア お持込 16インチ タイヤ交換

閲覧ありがとうございます。

S様、この度も当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。

今回は「ノア 205/60R16 ミシュランタイヤ クロスクライメート」オールシーズンタイヤへのタイヤ交換です。

オールシーズンタイヤでは、グットイヤーさんが先行販売して展開しておりましたが、昨年より「ミシュラン・ダンロップ・ヨコハマ」の各主要メーカーが展開してきましたが、当店ではやはり「ミシュランタイヤ」さんの商品が多い様です。

この非降雪エリアである地域では、有効な手段のオールシーズンタイヤですが、ウィンターレジャーにお車を使用される方にはお勧めしません。必ず「スタッドレスタイヤ」をお買い求め下さい。

雪上・アイスバーン・シャーベットの冬の道での性能差は歴然です。あくまでも突然の降雪でもノーマルタイヤより安心して対応出来るタイヤです。

また、スタッドレスタイヤ同様、残溝半分までが雪道走行可になりますのでご注意下さい。

チェーン規制の法令も変わってきております。スタッドレスタイヤのみの走行が出来ない事もありますので、冬場の山間部・峠道等を通られる方は、念の為「チェーン」も持参されることをお勧めします。折角、お出掛けして足止めやUターンを余儀なくされることの無いように。

S様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。またのご利用をお待ちしております。

FIT お持込 前後カメラ付きドライブレコーダー・ホーン交換

閲覧ありがとうございます。

M様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。

今回は「FIT ドライブレコーダー前後カメラ取付 ホーン交換」のご依頼を頂いました。

ユピテルさんのドライブレコーダーです。連日、ニュースで煽り運転・危険運転の報道がされておりますが、もう自分の身は自分で守らなければいけない世知辛い世の中になりました。

煽り運転はもう犯罪です。煽られる側にも問題がある事もありますが、原因となった状態を記録する事は重要になりますので、ちゃんとした商品を選定される事をおススメ致します。

ホーン交換は、純正ホーンがフロントバンパー裏にある為「バンパーの脱着」となりました。純正の薄いホーンからミツバさんのホーンですが、厚みが段違いで1個から2個付けと言う事で、やや苦労しましたがギリギリのクリアランスと絶妙な空間に収納することが出来ました。サウンドもバッチリでM様もお喜びでした。

今後は、年式によってはバンパーの脱着作業は適正な講習を受けた人のみ外す事が可能になるそうです。近年の安全支援システムによって、バンパーにもセンサーやカメラが付いている事からむやみやたらに外せなくなるそうですよ。

M様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。またのご利用をお待ちしております。

メルセデス お持込 18インチ タイヤ交換

閲覧ありがとうございます。

M様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。

今回は「メルセデス ベンツ 225/40R18 255/35R18 ミシュランタイヤ パイロットスポーツ4」へのタイヤ交換になります。

当店統計、輸入車装着率NO.1のミシュランパイロットスポーツ4選ばれるには訳がある・・・何かどこかのTVCMのようですが、でも実際にインターネットのレビュー等で高評価を得ていて価格帯もお買い求め易い所から選ばれている所でしょうか。

メルセデス・BMW・アウディ等には、ミシュラン・コンチネンタルの相性が良さそうです。

色々なタイヤメーカーがありますが、タイヤ選びは慎重にしましょう。

M様、この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。またのご利用をお待ちしております。